屋根塗装の基本をご紹介

 

 

 

こんにちは!いつもニシダ建装のブログをお読みくださりありがとうございます。

 さて今回は屋根塗装の基本についてお話していきたいと思います。              

 

 

 

 

 

 

 

間違いのない業者選びを

 

近年、悪徳なリフォーム業者が故意に手抜き工事を行ったり、知識や経験が乏しい業者が勝手な解釈や工法で間違った 施工をしているケースも増えて来ています。 特に屋根の場合、自分では見えないところなので、現地調査や御見積説明時に、ちゃんと詳細に説明されるか、 実際に劣化状況の写真を用いて説明してくれるか適切な補修・施工がされるのか確認することがとても重要です。  

 

 

 

屋根塗装の必要性

 

屋根は特に紫外線や雨風などの影響をダイレクトに受けるため劣化が起きやすく、また家全体を屋根が守ってくれているので屋根塗装はとても重要なのです。 しかし普段、目視することが無いため、劣化状況に気づかず放置され続けてしまい手遅れになってしまうこともあります。 大切なお家を守るためにも私たちのような専門家による定期的な点検や診断をおすすめします。 点検の結果、屋根塗装…塗り替え工事や補修…が必要になった場合、当社の屋根塗装がどのような作業フローになっているかをご案内します。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根塗装基本

現地調査の結果、おおよそ下記の施工方法に分かれます。 塗装塗装+補修が必要、屋根の吹き替えが必要という工事内容です。  

 

■塗装

 

 
色褪せ⇩
 
藻・カビの発生⇩
 
 

■塗装+補修が必要

 

ひび割れ/破損⇩

 
 
カビ・コケの発生⇩
 
一部張替え⇩
 
 
 
 

■屋根の吹き替えが必要なケースも

劣化が著しく痛みが激しい

 
他にも…錆・穴が空いている、雨漏りがひどいなどといった場合など状況によって塗装工事ではなく、
葺き替えをご提案させていただく場合もございます。
手遅れにならないためにも、定期的に専門スタッフに調査してもらい、メンテナンスを行うことが 大切なお家を長持ちさせることにつながります。  
 
 
 
 
 
 
 
 屋根塗装は他にも重要な作業が
 
■スレート屋根には縁切り部材『タスペーサー』取付
 
コロニアル(スレート屋根材)は、「毛細管現象」による漏水を防ぐために、縁切りが必要な作業となります。 縁切りをおこなわないと、屋根材との隙間に湿気が溜まってしまい、屋根材が腐食するスピードが速くなってしまいます。 縁切り部材「タスペーサー」を使用し漏水を防止します。
 
 
 
        

 

 

 

■棟板金錆止め塗装

     

 
 
 

■浮いた釘の打ち込みや交換

 

経年変化の影響により釘が抜けている箇所は専用ステンレスビスで打ち替えを行い、シーリングで補修をし、 塗装を行っていきます。

 
 
 
 
 
 

■棟板金や貫板の交換や補修

 

貫板が腐食したり板金が変形してしまっていたりと劣化が激しい場合は塗装のこの機会に交換を行います。
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さいごに
 
 
屋根塗装についてご案内しましたが、いかがでしたでしょうか?
冒頭でもお話したように、屋根の場合自分では見えないところなので劣化に気づくのが遅れてしまう危険があります。
そうならないためにも、定期的に専門スタッフに調査をしてもらい適切な補修・施工がされるのか確認
し塗装工事を行うことが重要ななります。
 
そろそろかな?と思い始められた方はぜひ、お気軽にご相談くださいませ。  
 
 
 



 

 

 

 

ニシダ建築株式会社は、

施工・管理まで一貫体制で安心に丁寧に努めて参ります。  

屋根・外壁塗装でお困りの方お気軽にご相談くださいませ👐

 

 

 

 
 
 
2023年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お見積り&現場診断は無料で行います。お気軽にお問い合わせください。

電話番号: 0120-042-410
お問い合わせ
ページ上部へ