ご依頼の流れ

塗装の流れ

大切なお家を工事するのですから、「工事の流れ」が気になるのは当然のことです。
できるだけ分りやすく詳細に書きましたので参考にして頂ければ幸いです。

01. じっくりしっかり診断

無料診工事中は、ご近所様にご不便・ご迷惑をおかけするので、必ず工事が始まる前にご挨拶に伺います。 当社では、工事が入る前にご近隣に挨拶を致します。また、ベランダの波板やカーポートのアクリル板によって足場が組立てられない場合は、工事前に取り外します。

02. 足場着工

塗替えを行う為には効率性・安全性を上げる為に作業用の足場の組立てが必要になります。 屋根でも傾斜が大きい時はその時に応じて足場を掛けて作業をします。

03. 高圧洗浄

家の塗装工事における高圧洗浄は、外壁や屋根に付着した、ほこり、コケ、チョーキングの粉などを綺麗にするため、高圧洗浄機で汚れを落とし、塗料の接着をよくするために行います。 網戸やアルミサッシまで、家一軒まるごと洗浄します。 高圧洗浄でとりきれない汚れは工具を使って手作業で剥がしていきます。

04. 素地調整

洗浄で落ちない著しい汚れやサビなどがある場合は、主に手作業で行います。汚れやほこりなどを掃除し、次にヤスリやナイロンタワシのようなもので研磨をして素材表面に微細なキズをつけて荒くして、塗料の密着性を高めてあげます。 見た目ではやったかどうかもわからない作業ですが、やるかやらないかでは耐久性に大きく差が出ることになります。

05. 板金補修

屋根の板金釘打ち
屋根の棟板金の釘が出ている場合は、塗装前に釘を打ちます。 この釘打ち工事は、塗装会社ではなく板金会社の仕事のため、この作業をしないで、釘が出たまま塗装をする会社が多いので要注意です。

屋根の釘を打った後に、コーキング材で埋める
釘を打ったあとは、その上からコーキング材を入れ、中の貫板に水が入るのを防ぎます。

06. 下地調整(コーキング 外壁) ※サイディングボードの場合

古くなったコーキングを撤去します。
家の外壁サイディングのといえば、ボードとボードの境目にある継ぎ目です。 これを「目地」といいますが、この場所と窓などのサッシまわりには、シールという、ゴム状のものが埋め込まれています。 このシールの工事をシーリング・コーキングともいいます。 新築時、サイディングボードを張り終わった工事の後、初めはやわらかいシールを目地などに注入していき、時間がたつとゴム状に固まっていきます。

新しいコーキングを埋め込みます。
新築の時は上から塗装をせずにシールがむき出しのため、紫外線が直接あたり劣化の原因になります。 そのため、のちの雨水の浸入を防ぐためにも、塗装前にシールの打ち直しの交換工事が必要になってきます。 ボードメーカーの説明書では、「3~5年が適正時期」と記載されています。(新築時はむき出しのため)

サッシ(窓)まわりのコーキング増し打ち
サッシまわりの場合は、少なからずサイディングボードからサッシの窓わくが突出しています。 外壁サイディングとサッシは、直角のように角度があるため、カッターを入れての撤去が困難な場合があります。 無理に撤去して、カッター等でサッシを傷つける可能性がある場合は、増し打ちをします。角度があるため、増し打ちでもシールの肉厚を保てます。

07. 養生

塗装をしたときは、少なからずまわりに塗料が飛び散ります。家の塗り替えの場合、ローラーで塗装することがほとんどです。 窓、アルミサッシ、地面の床、植木など家の塗り替えには、塗料がついてしまうと不都合な場所があります。 そのため、ビニールやテープ、布などで覆って、塗料の飛び散りをふせぐことを「養生」といいます。 玄関前等のタイル部分は少し厚めのシートで養生します。

08. 外壁

下塗り
下塗りの主な役目は、その上から塗る塗料をしっかりと接着させることや、小さいヒビ割れを埋めることです。 外壁・鉄部・木部などの塗り替えには、さまざまな素材が使われており、素材に合わせた下塗りが必要です。いずれの下塗りも、仕上げの色とは違う色を塗ることになるので、下塗りが塗られていることが確認できます。

下塗り
塗料にはそれぞれの乾燥期間(塗装間隔)があります。基準通りの塗装間隔を守らないと、塗膜が形成されません。 また、凹みの部分はハケで先に塗り、最後にローラーで仕上げます。

上塗り
外壁は3回塗りの3層仕上げをおこないます。 木部や鉄部の場合は、痛み方によって塗り回数が異なります。

09. 屋根

下塗り
スレート瓦にはシーラーを塗り、鉄部の部分には錆止め塗料を使います。 異なる素材にそれぞれ適した材料を塗ります。

タスペーサー(縁切り)
このタスペーサー作業は、いわゆる「縁切り」の作業になります。 塗装をすると、屋根の重ね部が塗料で詰まってしまいます。縁切りとは、スレートとスレートの重ね部に塗装したことによりできた塗膜をカッターナイフ等で取り除き、隙間を作ること。この隙間を作らないと、毛細管現象で屋根材裏面より雨水や結露した水が吸い上げられ、雨漏りの原因になります。 弊社では、より確実な「縁切り」を行うため、タスペーサーという縁切り部材の使用を標準仕様にしております。 このタスペーサーを入れずに塗装してしまうと、屋根と塗料が接着し雨水の出口をふさいでしまい雨漏りの原因になる事があります。雨水、結露の水分の逃げ道を作るために、このタスペーサーを挿入します。 (タスペーサーを入れない場合は上塗り後、縁切りが必要となります)

中塗り
中塗り・上塗りは同じ材料を2回塗りします。 十分乾燥時間を取ります。

上塗り
熟練された職人の技でじっくり丁寧に仕上げます。 下塗りと中塗りは塗膜の強さを重視し、上塗りでは仕上りを重視します。

10. 確認及び、チェック作業

塗家全体をビニールなどで細かく養生していますが、塗料の飛び散りやはみだしなどがある場合は、シンナー等で丁寧に掃除していきます。 また、現場責任の職人が入念に最終チェックを行います。

11. 足場解体・清掃

完了までのあいだ、足場などでで窮屈感を感じさせてしまいますが、足場が解体されると、生まれ変わったお家の表情が姿を表します。 その後、お庭などの掃き掃除をして工事は完了となります。 お客様には、最後に、工事完了確認書にサインいただき、最終のお引渡しとなります。 また、工事中はご不便をおかけした旨を近隣の方にきちんとご挨拶いたします。

下地処理について

下地処理とは、塗装前に外壁や屋根の塗装面の状態を整える作業です。この作業は、仕上がりの美観や耐久年数にも関わってくる重要な作業です。そのため、業者の中には、この下地処理が一番重要な作業だと言う方も多くいます。ここで手を抜くと塗装完了後1~3年で剥がれてくるような初期不良が起きる可能性もあります。 以下は下地処理の大まかな流れです。外壁材や屋根材によって作業が異なります。

01. 高圧洗浄(外壁・屋根共通)

下地処理の一番最初に行う作業が高圧洗浄です。エンジン駆動のタイプを使い、水圧は80~150気圧になります。 外壁や屋根に付着した、ほこり、コケ、チョーキングの粉などを綺麗にするため、高圧洗浄機で汚れを落とします。どのような外壁材でも行います。

02. 劣化した古い塗膜を剥がす(外壁・屋根共通)

モルタルの外壁材は、外壁の劣化が進むとチョーキングやクラックなどが起こります。さらに放置すると塗膜が剥がれてきます。このままでは塗装するができませんので、高圧洗浄で落とし、残ったものは工具を使って手作業で剥がしていきます。 塗膜がしっかりしているものは、そのままにします。

03. ケレン作業(屋根や金属部分)

ケレンとは、ヤスリや電気工具を使い、トタン屋根や階段に使われる鉄部の汚れやサビ、旧塗膜を落とす作業です。ケレンは鉄部以外にも木部などでも行われます。また、塗料の密着性が良くなるように表面を傷つける作業を目粗しといいます。一般的にケレンと言えばこの目粗しも含まれています。。

04. クラックの下地処理(外壁部分)

クラックとは、外壁の経年による劣化により表面にヒビ割れが出てくる劣化現象です。主にモルタルの外壁材で起こります。放置しておくと、ヒビ割れ部分から雨水が入り込み内部を腐食させる原因になります。そのため、下地処理の段階でしっかりと埋める必要があります。

05. シーリング補修(外壁部分)

外壁がサイディングやALCの場合、目地に使われているシーリング部分にヒビ割れ、剥がれなどの劣化が起こります。劣化状況によって、打ち増しと打ち直しのどちらかで補修します。 ヒビ割れの大きさによって補修方法が異なりますが、ほとんどの場合はシーリング材による穴埋めと弾性系塗料で対応します。

06. 肌合わせ(外壁部分)

肌合わせとは補修した部分を平らにする作業です。 大き目のクラックや塗膜を剥がした後にそのまま塗装をすると凸凹ができ、仕上がりが美しくなくなってしまいます。そのため、肌合わせが必要になります。

07. 下塗り塗料(外壁・屋根共通)

下塗り塗料とは、外壁材や屋根材などの塗装面に一番最初に塗る塗料です。 下塗り塗料は、中・上塗りの密着性を良くするために、塗装面を整えるための重要な役割です。代表的なものにプライマーとシーラー、フィラーがあります。

お見積り&現場診断は無料で行います。お気軽にお問い合わせください。

電話番号: 096-370-5377
お問い合わせ
ページ上部へ