熊本で雨漏りを修理する際の火災保険の適用について解説します!

「以前に購入した家に雨漏りが発生したら、どうしたら良いのかな」
「雨漏りは保険に適用できるのかな」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。

実は、雨漏りの被害の修理は火災保険で適用できます。
この記事では、雨漏りの修理に火災保険が適用される条件と火災保険の適用までの手順について紹介します。

□雨漏りの修理に火災保険が適用される条件とは

条件付きではありますが、雨漏りの修理には火災保険の適用が可能です。
ここでは、火災保険の適用条件について紹介します。

1つ目の条件は、自然災害による被害であることです。
大雨や台風などの自然災害による被害の場合、雨漏りの修理のために火災保険が適用できます。

しかし、経年劣化や人的被害では火災保険の適用外となります。
その例としては、太陽光パネル設置時の屋根の破損や増築・リフォーム・新築などの施工不良、耐用年数を超えた屋根材のさびやひび割れなどが挙げられます。

2つ目の条件は、補填内容に風災や雹災、雪災が含まれていることです。
風災とは台風や竜巻による強風被害のことを言います。
強風による屋根の破損や屋根が飛ばされること、瓦屋根の漆喰が強風で剥がれることがその例です。
その他にも、割れたガラスから雨や飛来物が入り、家の中で被害をうけることが例として挙げられます。

雹災とは雹による被害のことを言います。
例として雹で窓ガラスが割れることや割れた窓ガラスから風が吹き込むことによる家具の破損、雹で屋根材が傷つくことがあります。

また、雪災とは、豪雪や雪崩による被害のことです。
雪災の例としては、雪の重みによる屋根の決壊やカーポートの倒壊、雪崩に巻き込まれることによる家の倒壊があります。

このような災害の補償はあなたが契約している火災保険の対象に含まれている可能性があります。
そのため、火災保険の内容をしっかりと確認しましょう。
なお、洪水や高潮、土砂崩れは水害となるため、火災保険の対象とはなりません。

3つ目は、被害を受けてから3年以内に申請することです。
補償を受けられるようになってから3年以内に申請しなければ、申請する権利を失ってしまいます。
補償の申請の際は、できるだけ早く申請を行いましょう。
これは上記の理由だけではなく、経年劣化と判断され、対象外になる可能性があるためです。

申請が遅くなることによって、3年以内の申請であっても経年劣化だと結論づけられ、火災保険の対象外となってしまうケースがあります。
また、余裕があれば定期的に屋根のメンテナンスを行い、経年劣化による雨漏りを防ぎましょう。

4つ目は、損害額が一定金額を超えていることです。
保険の種類にもよりますが、損害額が一定金額以上なければ補償を受けられないことがあります。
免責方式とフランチャイズ方式が大きく関係しているため、自分の契約している火災保険の内容を細かく確認しましょう。

以上のように、雨漏りによる損害の補償は火災保険で適用可能です。
ご自身の契約内容をしっかりと確認し、どのような被害だと申請可能なのか、どれくらいの額を受け取れるのかは理解しておきましょう。

□火災保険の適用までの手順とは

まずは、保険会社に被害の内容を説明します。
説明の時はできるだけ詳しい状況を説明できるよう、事前に修理業者に相談し、見積もりや報告書を作成してもらうのが良いでしょう。

次に、保険会社から届く書類を記入し、申請することです。
申請時に提出する主な書類は、修理費見積書、事故状況報告書・損害箇所の写真、保険金請求書の3点です。
また、報告書には、契約者氏名、保険証書番号、損害発生の日時と状況、事故の原因などを書きましょう。

そしてその後、保険会社による現場調査があります。
その後に申請を受けた保険会社が、第三者機関の損害鑑定人を派遣し、現場調査を行います。
鑑定人は現場の調査を行い、自然災害による被害や被害状況の調査をします。

そして被害額を算出した報告書を作成し、依頼を受けた保険会社の報告書を提出します。
現場調査の結果の連絡を受け、申請内容が認められれば、火災保険の加入者への保険金が支払われます。

連絡を受け取ったら、雨漏りの修理を行うため、修理業者へ雨漏りの補修工事の依頼をしましょう。
雨漏りの火災保険申請は100パーセント申請が認められるとは限らないため、申請がおりた後に雨漏りの補修工事の依頼を行いましょう。
もし経年劣化と判断されると申請は認められずに保険金は支払われません。

雨漏りの際の火災保険の適用の流れは以上となります。
災害による被害を受けてしまった場合には、自分の契約中の火災保険の内容を詳しくチェックしてその損害は申請可能かどうか確認し、適切な順番で補償の申請を行いましょう。

□まとめ

今回は雨漏りの修理に火災保険が適用される条件と火災保険の適用までの手順について詳しく紹介しました。
この記事を参考にし、雨漏りに備えて火災保険の内容をご確認ください。
また、熊本県で屋根外壁塗装工事をお考えの方は、ぜひ当社をご検討ください。

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お見積り&現場診断は無料で行います。お気軽にお問い合わせください。

電話番号: 096-370-5377
お問い合わせ
ページ上部へ