熊本で雨漏りが発生した方へ応急処置の方法を解説します!

「雨漏りが発生したけど、発生場所はどこなのかな」
「応急処置はどう行えば良いのだろう」
熊本県に在住の方で、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
この記事では、雨漏りの箇所を発見する方法と箇所ごとの応急処理の方法について詳しく解説します。

□雨漏りの箇所を発見する方法とは

*散水調査の方法とは

雨漏りが発生している場所を発見することは、素人ではなかなか難しいことです。
ただ、散水調査という方法で雨漏りのチェックをすると、雨漏りの原因を解明できることがあります。
散水調査とは、壁や屋根に放水することで雨漏りの箇所を突き止める調査方法です。
ここでは、より効率的に雨漏りをしている箇所を知るため、散水調査を行う時の注意点について紹介します。

まずは、建物の下から順番に水をかけるということです。
始めに建物の上から水をかけてしまうと、雨漏りの箇所を知ることが非常に難しいです。
これは、上にかけた水は下に流れ落ち、結局建物全体に水かかかってしまうためです。

そのような事態を回避するため、まずは建物の下の方から水をかけましょう。
そうすることによって、雨漏りが発生している高さを正確に把握できます。
また、水をかける範囲は狭くした方が原因を特定しやすくなります。
そのため、事前に雨漏りしそうな怪しい箇所を見つけておくことをおすすめします。


次に注意する点は、水をかける時間に注意することです。
散水調査をする時は適量の水をかけることが大切です。
数分のような短い時間の散水では雨漏りしない可能性があります。
加えて長時間水をかけすぎてしまうと雨漏りの進行が進み、二次災害を引き起こす可能性があります。

そのため、目安として30分程度水をかけることをおすすめします。
もちろんですが、水をかけてから数分で雨漏りが発生した時は、すぐに散水をやめましょう。
散水調査の目的は雨漏りしている箇所を特定するためであるため、必要以上の散水は控えましょう。
また、雨漏りしている箇所をできるだけ早く特定するために、日頃から屋根や壁の状態を確認することをおすすめします。

*目視でチェックするべき箇所とは

雨漏りの発生原因は、建物の隙間や日々から雨水が内部に入ることです。
つまり、建物の壁や屋根に亀裂があると、そこから雨漏りが発生しやすくなります。
ここでは、チェックする際に特に注目した方が良い箇所について紹介します。

1つ目の注目するべき箇所は、屋根材のずれです。
下から見て建物の材料がずれ、隙間がある場合はそこから雨漏りが発生するケースが多いです。

特に瓦屋根の場合は、強風によって瓦がずれやすいです。
雨漏りを防ぐためには、屋根材の隙間をなくすことが大切です。
また、台風や地震の発生後に隙間が発生しやすくなります。
そのため、定期的に屋根材にずれがないか確認しましょう。

2つ目の注目するべき箇所は、外壁の亀裂です。
建物の外壁に亀裂が確認できる場合は、そこから雨水が侵入して雨漏りになる可能性が高いです。
塗膜に小さな亀裂が入る程度であれば雨漏りの心配はありませんが、外壁本体に亀裂が発生している場合は非常に危険です。
日常的に外壁に亀裂についてチェックしましょう。

また、外壁を確認する際は外壁塗装の状態の確認も同時に行うことをおすすめします。
外壁塗装には壁を雨や風から守る役割があります。
そのため、外壁塗装が劣化しているなら、塗り替えの検討をしてみてはいかがでしょうか。
塗り替えのサインとしては、粉が浮いていることや塗膜の剥がれがあります。

□箇所ごとの応急処理の方法とは

天井が雨漏りしているときは、天井から水がポタポタを落ちてきます。
それによって床や家具などがぬれる可能性があるため、落ちてくる水滴を受け止めることで雨漏りの被害を小さくします。

応急処置に必要な物は、バケツとぞうきんとブルーシートです。
雨漏りしている箇所にブルーシートを敷き、その上にぞうきんを入れたバケツを置いて、水滴を受け止めます。
ぞうきんで落ちる水滴が飛び散ることを防ぎ、ブルーシートで床がぬれることを防ぎます。
バケツに水がたまってくると水滴が飛び散りやすくなるため、水がたまった際にはバケツを交換しましょう。

窓やサッシが雨漏りしている場合には、ぞうきんとゴミ袋を使用します。
まず、カーテンを取り外し、窓枠の下にゴミ袋を敷きます。
そしてぞうきんを濡れている箇所に当てることで応急処置の完了です。

カーテンを取り外す理由は、カーテンがぬれることによるカビの発生を防ぐためです。
また、ゴミ袋を使用することで、雨水の広がりを防ぎます。

以上のより、雨漏りが発生時には素早く応急処置を行い、建物の劣化を防ぎましょう。

□まとめ

今回は、雨漏りの箇所を発見する方法と箇所ごとの応急処理の方法について紹介しました。
定期的なチェックによって雨漏りの原因を解明し、雨漏り発生の際には速やかに応急所とを行いましょう。
また、熊本県で屋根外壁塗装工事をお考えの方は、ぜひ当社をご検討ください。

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お見積り&現場診断は無料で行います。お気軽にお問い合わせください。

電話番号: 096-370-5377
お問い合わせ
ページ上部へ