外壁塗装の液だれについて対処法とともに解説!

外壁塗装は、家の寿命を長く保つための重要なメンテナンスです。
しかし、せっかく塗装しても液だれが発生してしまうと、見た目が悪くなるだけでなく、塗料本来の機能も低下してしまいます。
そこで今回は、外壁塗装の液だれとは何かと、対処法について紹介します。

 

□外壁塗装の液だれとは?

外壁塗装の液だれとは、塗料が垂れてしまう現象のことです。
液だれが発生すると、せっかく綺麗に塗装したはずの外壁が、まるで涙を流しているようにみえてしまい、見た目の美観を損なうだけでなく、塗料本来の機能も低下させてしまいます。

1: 見た目の悪化

液だれによって、外壁に筋状の跡や垂れ下がった塗料が目立ってしまうため、せっかく綺麗に塗装したはずの外観が台無しになってしまいます。

2: 塗料本来の機能低下

液だれは、塗料が均一に塗布されていない状態であることを意味します。
そのため、塗料本来の防水性や断熱性、防汚性などの機能が十分に発揮されず、外壁の劣化を早めてしまう可能性があります。

3: 外壁の劣化

液だれが発生すると、塗料が剥がれやすくなったり、雨水が浸入しやすくなったりするなど、外壁の劣化につながります。
ひどい場合には、外壁の補修や塗り直しが必要になることもあります。

□液だれが発生したときの対処法

液だれが発生した場合は、早急に塗装業者に連絡し、状況を説明しましょう。

1: 塗り直しを依頼する

液だれは、施工不良が原因であることが多いので、原則として塗装業者の責任で塗り直しが行われます。
信頼できる業者であれば、快く塗り直しに応じてくれるはずです。

2: 業者選びの重要性

液だれが発生したときに、適切な対応をしてくれる業者を選ぶことは非常に重要です。
見積もりや契約前に、業者の評判や施工実績などをしっかりと調べるようにしましょう。

3: 相談すること

液だれが発生したときは、まず業者に相談してみましょう。
業者は、液だれの原因を調査し、適切な対処法を提案してくれるはずです。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装の液だれについて紹介しました。
外壁塗装の液だれは、見た目の悪化や塗料本来の機能低下、外壁の劣化につながるため、注意が必要です。
液だれが発生した場合は、早急に塗装業者に連絡し、塗り直しを依頼しましょう。
信頼できる業者を選び、しっかりと相談することで、安心して外壁塗装工事を進めることができます。
外壁塗装をお考えの方は、お気軽に当社までご相談ください。

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お見積り&現場診断は無料で行います。お気軽にお問い合わせください。

電話番号: 0120-042-410
お問い合わせ
ページ上部へ