外壁をツートンカラーにする魅力とは?ダサいツートンにしないためのポイントも紹介!

自宅の外壁デザインを考える際、一つの色だけでなく、ツートンカラーを取り入れることで、家全体の印象をガラリと変えられます。
ツートンカラーは、ただ単に色を2つ使うだけではなく、その選び方や塗り方によって、住宅の個性を際立たせたり、視覚的な効果を高めたりできるのです。
今回は、ツートンカラーの魅力と、ダサくならないためのポイントを掘り下げてご紹介します。

□ツートンカラーの外壁が持つ魅力とは?

1:個性を際立たせる

ツートンカラーの外壁はただの色の遊びではありません。
このデザイン手法を選択することで、住宅の外観は大幅に変貌し、所有者のセンスやライフスタイルがはっきりと表現されます。

実際、注文住宅では色の選択が自由度高く、オーナー自身の個性を外壁を通じてクリエイティブに表現可能です。
シンプルな単色の外壁とは異なり、色彩の組み合わせによって個性が際立ち、住まい全体の印象が鮮明になります。

2:家を大きく見せる

ツートンカラーは単なる美観だけでなく、機能的な利点も持ち合わせています。
異なる色を使うことで、外壁には立体感やメリハリが生まれ、これが視覚的な錯覚を誘発します。

その結果、住宅が実際よりも大きく、または高く見えるようになります。
特に、明るい色と暗い色をうまく配合することで、光と影の効果が強調され、建物が一層堂々とした姿で立ち現れるのです。

3:存在感の強化

ツートンカラーの外壁を選ぶことは、住宅の存在感を強化する有効な手段となります。
多くの住宅がより伝統的な単色で仕上がる中、ツートンカラーは視覚的に強いインパクトを与え、高級感や上質感をプラスします。

適切な色の組み合わせが施された住宅は、その独自性で一際目立ち、周囲の建物とは一線を画する特徴を持ちます。
このようにツートンカラーは、単に美しいだけでなく、その構造が独自の魅力を放つ設計要素として機能するのです。

□ダサいツートンカラーにならないためのポイント

ツートンカラーを選ぶ際には、以下のポイントに注意して、洗練された外観を実現しましょう。

1:色の比率を考える

2色の割合は、6:4から7:3がバランス良く見えるとされています。
この比率にすることで、どちらの色も適切に引き立てることが可能です。

2:同系色の組み合わせ

色の失敗を防ぐためには、同系色の組み合わせがおすすめです。
例えば、クリーム色とブラウン、白とグレーなど、自然な色合いでまとめると良いでしょう。

3:セパレーションカラーを活用する

色の境界にセパレーションカラーを設けると、さらに印象的な外観に仕上がります。
セパレーションカラーには、目立つよう白や黒を使うのが一般的です。

□まとめ

このように、ツートンカラーの外壁は選び方1つで大きく印象が変わります。
個性を活かしつつも、周囲の環境に調和する色を選ぶことが重要です。
今回紹介したポイントを参考に、あなたの家もツートンカラーで新たな魅力を引き出してみてはいかがでしょうか。

当社は、お客様一人ひとりにあった施工を行っております。
住宅に関するお悩みは、ぜひ当社にお任せください。

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お見積り&現場診断は無料で行います。お気軽にお問い合わせください。

電話番号: 0120-042-410
お問い合わせ
ページ上部へ