外壁塗装の高圧洗浄とは?知っておくべきことと注意点について!

外壁塗装を検討している方の中には、高圧洗浄について知りたい方も多いでしょう。
外壁塗装で高圧洗浄って必要なのか、高圧洗浄中に気を付けることはあるのかなど、外壁塗装を依頼するにあたって理解しておくことが大切です。
この記事では、外壁塗装における高圧洗浄の必要性と注意点についてご紹介します。

□外壁塗装における高圧洗浄の必要性

外壁塗装を行う前に、なぜ高圧洗浄が必要なのでしょうか。
それは、外壁に付着した汚れや古い塗膜が新しい塗膜の密着性を阻害し、塗装の耐久性を低下させてしまうからです。
以下より解説します。

1: チョーキング現象

外壁の塗膜は、紫外線や雨風などの影響で経年劣化し、表面が粉状になっていきます。
これをチョーキング現象といいます。
チョーキング現象が進むと、外壁は白っぽく粉を吹いたような状態になり、見た目の美観を損なうだけでなく、汚れが付きやすくなってしまいます。
チョーキングした状態の壁にそのまま塗装をしても、古い塗膜が剥がれやすく、せっかくの塗装が長持ちしません。

2: 汚れの付着

外壁には、雨や風によって様々な汚れが付着します。
たとえば、大気中の煤煙や排気ガス、鳥の糞、カビ、藻などです。
これらの汚れは、外壁の美観を損なうだけでなく、塗装の耐久性を低下させる原因となります。
汚れが付着した状態の壁に塗装をしても、汚れが塗膜に隠されてしまい、数年後には汚れが浮き出てきてしまう可能性があります。

3: 高圧洗浄の重要性

高圧洗浄は、これらの問題を解決するために非常に重要な工程です。
高圧洗浄によって、チョーキングした塗膜や汚れ、カビ、藻などを除去することで、新しい塗膜がしっかりと密着し、塗装の耐久性を向上させられます。
また、高圧洗浄を行うことで、外壁の汚れを落とすだけでなく、外壁の素材本来の美しさを引き出すことも可能です。

 

□高圧洗浄を行う際の注意点

高圧洗浄は、外壁塗装において重要な工程ですが、生活面への影響も考慮する必要があります。
高圧洗浄を行う際には、以下の点に注意が必要です。

1: 窓やドアの開閉

高圧洗浄では、強い水圧がかかります。
そのため、窓やドアは必ず閉めておく必要があります。
特に、窓は水圧で開いてしまう可能性があるので、しっかりと閉め、カギをかけておくことが大切です。
万が一、窓が開いてしまった場合、室内が水浸しになる可能性があります。

2: 洗濯物の干し方

高圧洗浄中は、汚水が飛散する可能性があります。
そのため、洗濯物は室内で干すようにしましょう。
ベランダに洗濯物を干している場合は、高圧洗浄中は室内に移動させるか、カバーをかけるなどして、汚水が直接かからないようにしてください。

3: 植物やペットへの影響

高圧洗浄で使用する水は、洗浄剤を含んでいる場合があり、植物やペットに悪影響を与える可能性があります。
そのため、高圧洗浄中は植物やペットを安全な場所に移動させておくようにしましょう。
また、高圧洗浄後も、水が残っている可能性があるので、注意が必要です。

4: 騒音問題

高圧洗浄機は、かなり大きな音を立てます。
近隣住民への配慮も必要です。
高圧洗浄を行う時間帯は、事前に近隣住民に伝えておくと良いでしょう。
また、高圧洗浄中は、耳栓をするなどして、騒音を軽減することも有効です。

 

□まとめ

外壁塗装における高圧洗浄は、塗装の耐久性や美観を向上させるために非常に重要な工程です。
高圧洗浄を行うことで外壁塗装の質を高めることができます。
そして、高圧洗浄を行う際には、生活面への影響にも注意が必要です。
窓やドアの開閉、洗濯物の干し方、植物やペットへの影響、騒音問題など、事前にしっかりと対策を立てておくことが大切です。
高圧洗浄について理解を深め、安心して外壁塗装を任せられるように、専門業者に相談することをおすすめします。

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お見積り&現場診断は無料で行います。お気軽にお問い合わせください。

電話番号: 0120-042-410
お問い合わせ
ページ上部へ