玉名市 N様邸 外壁塗装工事 シーリング打設工事

 

 

 

 

 

日付 令和6年5月10日
作業地域 玉名市 N様邸
作業内容 シーリング打設工事

 

 

 

 

 

 

 

シーリング打ち替え工事の重要性

シーリングは雨水などが侵入し雨漏りなどをを防ぐために外壁材と外壁材の隙間やドアやドアのサッシ廻りなどの隙間を埋め防水性を高める役割があります。

また、外気温や温度変化によって膨張・収縮など、目に見えない緩やかな動きをするため、ぶつかり合いを防止するためのクッションの役割もあります。

 

シーリング打ち替え工事の工程

 

 

 

 

既存シーリング撤去状況⇩

 

 

 

 

 

ボンドブレカー接着状況

 

 

 

 

 

 

 

ボンドブレーカーの2面接着でシーリングの寿命が変わります。

シーリングは湿度など環境の変化に応じて伸びたり縮んだりしています。その際、ブレーカー接着なしの3面接着状態(左右、後接着)だとシーリング材が伸び縮みする際に動きがとれず、目地割れと言われる、劣化症状を引き起こす可能性が高くなってしまうのです。
ボンドブレーカーの使用(2面接着)でシーリングの負担を軽減させてあげることが必要なのです。

 

 

プライマー塗布状況

 

 

 

 

シーリング充填状況

 

 

 

 

シーリングならし状況

 

 

 

 

 

シーリング打ち替え完了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニシダ建築株式会社は、

施工・管理まで一貫体制で安心に丁寧に努めて参ります。  

屋根・外壁塗装でお困りの方お気軽にご相談くださいませ👐

 

 

 

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お見積り&現場診断は無料で行います。お気軽にお問い合わせください。

電話番号: 0120-042-410
お問い合わせ
ページ上部へ