工場・倉庫・店舗塗装、法人様へ

工場・倉庫・店舗、法人様もおまかせ下さい!

こんなお悩みありませんか?

  • 壁の汚れが目立つ….
  • 建物の痛みや劣化が気になる…
  • 建物の修繕にいくらお金がかかるのか分からない
  • 建物や設備のメンテナンス費用をもっと安く出来ないものか…
  • 雨漏りしている…

工場の屋根・外壁の劣化症状のチェックポイント

ボルトの錆

塗膜の剥がれ

継ぎ目の切れ

ボルトの抜け穴

カビ・藻の発生

割れ

カビ・藻の大量繁殖
パン工場の浮遊菌で、工場外壁にカビ・藻が大量に付着してしまう。

屋内温度上昇・熱中症
夏場になると熱中症で倒れる作業員がいる。●熱に弱い原料・商品を扱っており、夏場に暑さによる品質劣化が発生してしまう。

雨漏り
●配電盤付近で雨漏りが発生し火災が発生してしまう。●雨漏りにより生産機器が故障し、営業がストップしてしまう。

そのようなお悩み。 ニシダ建装が解決します!

塗装で解決!見た目はもちろん、雨漏り対策や光熱費の削減も。 企業のイメージアップにつながる塗替え工事を提案します!

01. 低コスト / 02. 高耐久! / 03. 維持費の削減!

大手なら安心という認識を持たれているお客様は数多くいらっしゃいます。しかし、大手業者は下請けや更に下の孫受けに発注することが多く、どうしてもその分中間マージン(コスト)がかかってしまいます。ニシダ建装では、お客様から直接ご依頼をいただくことで、低コストで高品質の施工を実現している会社です。腕の確かな職人を自社社員として抱えていますので、最初から最後まで一貫して責任を持った施工を行うことができます。省エネや環境保全まで視野に入れた役立つ提案をさせて頂きます!

1. 遮熱塗装


夏場の温度上昇を抑えたい方に最適の塗装方法です。日差し が強い夏場の工場は集中的に太陽光が当たる為、表面温度は 60~80°Cにも達し、それに伴い室内温度も上昇します。室内温度が上昇を放置すると職場環境の悪化、光熱費の上昇に 繋がります。遮熱塗料を使い、塗装を行えば、太陽光による 熱を効率的に反射、蓄熱された熱を放射するので、室内温度の上昇を抑え、職場環境への貢献も可能になります。

※写真は2018年8月10日 11時20分のものです。
 天気は晴れで気温は32.5度。
 遮熱塗料の効果で鋼板屋根に素足で乗っても、ほんのり温かい程度です。

2. 防水塗装

雨漏りが既に発生している方、雨漏りの懸念がある方に最適な塗装方法です。フックボルトの隙間、外壁のヒビなど些細なところから雨水は浸入します。雨漏りが発生すると、工場 内の機械や商品の損失にも繋がるので、注意が必要です エ場の屋根・外壁にはアステックペイントの超弾性塗料を使用するので、ヒビ割れからの雨漏りを防ぎます。また、フック ボルトの強化や屋根・外壁のヒビ補修も行います。

3. 床塗装

傷んでしまった工場の床を補修したい 方におすすめの塗装方法です。工場の 床は機械や人によって最も摩耗してしまう箇所です。お客様の工場床を長期間保護いたします。

4. 工場プラント塗装

作業環境悪化による作業者の健康被害 など多くの問題は定期的なメンテナン ス不足に起因しています。私たちは外 装の塗装だけではなく、高品質・高精 度のメンテナスを提供します。

工場・倉庫用塗装プランで雨漏り・熱中症・カビ対策!

雨漏り対策

暑さ・熱中症対策

長期 防カビ工法(アステック・プラスS添加)

よくある質問

工場の改修においてよく受けるご質問

汚れのメカニズム

Q どんな遮熱塗料がいいのか見極めのポイントを教えてください???
A

「遮熱効果がどれだけ続くのか」「割れない伸縮性」が重要です。 遮熱効果の持続性を見極めるポイントは「耐汚染性」です。 いくら優れた遮熱効果を有していてもすぐに表面が汚れて しまう塗料だと最大の遮熱効果の一つである「遠赤外線の反射」が できなくなり、遮熱効果の低下につながります。 屋根の表面は夏場で80°C前後、冬場には氷点下になる 場合もあります。これだけの温度差があると、金属が熱膨張を 繰り返し、塗膜は割れやすくなります。塗膜が割ると雨漏りの原因に なる可能性があるので、伸縮性のある塗料を選ぶことをおすすめします。

Q 部分的に工事を行っていただくことは可能でしょうか???
A

アステックペイントは屋根などの大型補修だけではなく、建物のメンテナンス工事としてお手軽でスピーディーな小工事プランをご用意しております。 ・フックボルト雨漏り補修 ・シーリング保護コーティング ・高性能防サビコーティング ・500菌対応防カビコーティング

Q 他の改修方法と比べて莫大なコストがかかってしまうのではないか??
A

塗装工事は他の改修工事と比較しても一番安い改修工法です。

塗装工法のメリット

  • 雨漏りを長期間再発させない
  • サビ・カビを長期間抑制し、屋根を保護
  • カバー工法より40%コスト低であり、工期は1/2
Q 施工中は工場をストップさせる必要があるか?
A

 塗装工法なら工場を稼働したままでの施工が可能です。 一般的な塗装工法だと高圧洗浄を行いますが、アステックペイントであれば高圧洗浄を行わない方法もあります。食品工場や精密機械を扱う工場でも 工場内に水やホコリが落ちる心配がございませんので、施工中でも工場の 稼働を止める必要はありません。

Q 屋根への負荷やアスベストの飛散は大丈夫なのか?
A

塗装工法は屋根にほとんど負荷をかけません。また高圧洗浄も行わな いので、アスベスト飛散の心配もありません。 カバー工法だと重量が重くなり、耐震性が低下する可能性がありますが、 塗装工法であれば、屋根への負荷はありません。 2004年10月以前に製造させたスレート屋根はアスベストを含んでいる。 可能性があり、改修前に都道府県に報告する義務があります。アステック ペイントを使用した塗装工法なら高圧洗浄を行わないので安心です。

金属屋根の主な劣化症状

工場の屋根は常に強い紫外線に晒されるため、建物の中でも一番劣化が激しい箇所です。著しく劣化が進行すると雨漏りやサビの発生にも繋がります。また、塗膜が劣化し、塗料本来の効果を失うと工場内の 室内温度の上昇や屋根自体の劣化が起こります。

こんな症状があったら塗り替えの時期です。

ボルトの錆

塗膜の剥がれや錆

継ぎ目の切れ

波型スレート屋根の主な劣化症状

工場の屋根は常に強い紫外線に晒されるため、建物の中でも一番劣化 が激しい箇所です。著しく劣化が進行すると雨漏りやサビの発生にも 繋がります。また、塗膜が劣化し、塗料本来の効果を失うと工場内の 室内温度の上昇や屋根自体の劣化が起こります。>

 

塗膜の剥がれ

ボルトの抜け穴

割れ

 

ボルトの錆び

 

汚れ

お試しテスト施工 申込中!

光熱費削減実験

物件 福岡県 倉庫
使用塗料 EC-100DG
施工箇所 屋根36平米
施工下地 折板屋根
建物寸法 周口  7,000mm
奥行 19,000mm
高さ  5,000mm

遮熱性実験

物件 福岡県春日市不動産事務所
使用塗料 シャネツトップワンSi-JY
8113 トゥルーホワイト
施工日 2016年8月22日
外気温 35.8℃

実際の現場で施工して効果をご体感いただけるテスト施工!
まずはお気軽にお試しください!

塗装部と未塗装部

サーモグラフィーの様子

最大8㎡施工可能!

温度測定結果は報告書で提出します!

お見積り&現場診断は無料で行います。お気軽にお問い合わせください。

電話番号: 096-370-5377
お問い合わせ
ページ上部へ