クラック(ひび割れ)の種類とその原因について

 

 

こんにちは!

 

いつもニシダ建装のブログを読んでいただきありがとうございます。

入梅のみぎり、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

梅雨が明けると本格的な夏がやってきます。暑さで体調を崩さぬようお過ごしくださいね🌹

 

 

 

 

さて今回はクラック(ひび割れ)についてお話していきたいと思います。

 

 

 

 
 
 
 
 
 

■ヘアークラック

ヘアークラックは、経年劣化により塗膜が傷み、下地のコンクリートやモルタルの膨張収縮の動きに耐えられなくなって塗膜がひび割れが生じたものです。塗膜の劣化なので、すぐに補修する必要はないですが、建物にとっていい影響を与えないので、将来的には補修を検討しましょう。

 

 

 

 

 

■構造クラック

構造クラックは貫通クラックとも呼ばれていて、基礎部分など構造そのものに影響を与える可能性があるクラックです。
設計や施工時の欠陥、地震や地盤沈下などによって内部から生じたクラックなので、建物の安全性を脅かす恐れがあるので補修を行わないといけません。
 

 

 

 

 
 

 

 
 
基礎の構造クラック状況
このような爆裂現象をそのままにしておくと、建物の耐久性を低下させてしまうので大変危険です!

鉄筋が露出していなくても、基礎に構造クラックが発生していたり、クラックの数が多い場合は内部で症状が進んでいる可能性もありますのできるだけ早く対処することが大切です。

 

 

 

補修作業 例
 
■外壁のクラック(ひび割れ)補修作業
外壁のヒビはコーキングを充填して補修していきます。
 
 クラック補修
 
         
 
 クラック補修
 
 
■基礎巾木クラック(ひび割れ)補修作業
基礎巾木は樹脂モルタルを埋めて補修をしていきます。
 
 
20198241653.jpg
         
201982416530.jpg
 

 

 

 

さいごに


☑室内への雨漏り

専門スタッフがしっかりとご説明させていただきます。どうぞお気軽にご相談くださいませ👐

 

 

 

 

 

 

 

 

ニシダ建築株式会社は、

施工・管理まで一貫体制で安心に丁寧に努めて参ります。  

屋根・外壁塗装でお困りの方お気軽にご相談くださいませ👐

 

 

2023年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お見積り&現場診断は無料で行います。お気軽にお問い合わせください。

電話番号: 0120-042-410
お問い合わせ
ページ上部へ