ホーム>スタッフブログ>   【塗装について】>外壁塗装業者が塗装の必要性を解説します
   【塗装について】

外壁塗装業者が塗装の必要性を解説します

家の外壁の劣化により、外壁塗装でお住まいを直そうと考えている方はいらっしゃいませんか。
素人が外壁の状況を見ても、少し劣化しているかなと感じるだけで本当に外壁塗装を依頼する必要性があるのが疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、外壁塗装の必要性をご紹介します。
 

□外壁塗装の必要性とは

 
 外壁塗装の必要性を伝える前に、外壁塗装せずに放置した場合どのような影響が生じるかを知っておきましょう。
 
結論から言うと、外壁の耐久性が下がっていきます。
快適に暮らしていくためには、住まいの耐久力はとても大切です。
耐久力が低下していくと、外壁にひびが入ったり、剥がれたりと様々な劣化症状が現れます。
 
建物が劣化していくと外壁の耐久性が下がることは知っていただけたかと思います。
しかし、それだけで外壁塗装を依頼するのは、あまりコスパが良くないのではと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
 
外壁塗装の依頼は決して安い値段ではありませんし、基本的にお住まいは紫外線や雨風により定期的にダメージを受けているので、徐々に劣化していきます。
しかし、外壁の耐久性が下がることによって更なる深刻な問題が発生すると言われたらどうでしょう。
 
実は、外壁の劣化を放置しておくと、建物内部の劣化を招きお住まいの重要な部分を腐食させる可能性があります。
外壁の耐久性や防水性が弱まると、雨水が家屋の内部に侵入してきたり、建物の柱にダメージを受けたりすることがあります。
お住まいの支える柱が腐食していくと、修理するのに多額の費用が必要になる可能性もあるので、事前に腐食を防ぐためにも外壁塗装は必要になってきます。 
 
ここまでで外壁塗装しないで放置しておくことの危険性が分かっていただけたかと思いますが、今までのお話を踏まえて外壁塗装の必要性を確認しておきましょう。
1つ目は、建物を保護するためです。
外壁は放置しておくと建物内部まで悪影響を及ぼすため、表面でダメージを食い止めるには外側の壁面を保護しておく必要があります。
保護しておくことで、二次被害を防げるだけでなく、外壁の防水機能や環境対応のメリットも得られるでしょう。
 
2つ目は、費用の節約につながるためです。
外壁塗装をしなければ費用を節約できると考える方も多いですが、その考えは危険です。
外壁の劣化状況が酷い場合、外壁材そのものを取り替え新品の部材に変える必要が出てくるでしょう。
定期的に塗装で保護しておけば最小限に抑えられた劣化が悪化し、さらにお金がかかることがあります。
 
3つ目は、資産価値を維持できるためです。
当たり前ですが、定期的にメンテナンスされている住宅とまったく手入れされていない住宅であれば、前者の方が高く売れるでしょう。
資産価値はどれだけ長く住み続けられたかではなく、どれだけメンテナンス費用が最低限で済むかも加味されます。
 

□外壁塗装が必要かどうかの見分け方とは

 
外壁塗装の必要性を知っていただき、外壁塗装を依頼したいと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、あなたの家に外壁塗装が必要かどうかは、外壁材や時期によって変わってきます。そこで、ここからは外壁塗装が必要かどうかの見分け方をご紹介します。
 
まずは、あなたの家の外壁に使われている材質を確認しましょう。
使われている外壁材がタイルやレンガの場合は、耐用年数が長いため塗装する必要がありません。
塗り替えは考えなくて良いですが、メンテナンスは必要なのでそこは覚えておきましょう。
 
外壁がタイルやレンガかどうかを見抜くには、見た目や手ざわりで確認してください。
見た目に凹凸が多い場合や、ザラザラした手ざわりを感じた場合は、タイルやレンガの可能性が高いでしょう。
 
次に、塗り替えが必要なタイミングですが、目安として10~15年と言われています。
ただし、年数だけで判断すると予想以上に外壁がダメージを受けている可能性もあるので、おすすめは外壁の劣化状態を見て判断することでしょう。
ここからは、外壁塗装の劣化を症状の軽い状態から紹介していきます。
 
まず、最初に現れる症状として色あせがあります。
色あせは、色が失われて薄くなっている現象のことで、塗料の耐久性が無くなってきている状態を指します。
ただ、この状態であれば、今すぐ外壁塗装は必要ありません。
 
次にチョーキングと呼ばれる、塗装に含まれる樹脂が劣化して、色をつける顔料が粉状に露出する現象が現れると、塗装の時期と言えます。
外壁をさわってみて粉がついていればチョーキングの可能性が高いでしょう。
 
最後に、外壁にひび割れが生じると、ひび割れした部分から雨が侵入して、建築材の劣化や雨漏りを引き起こしやすくなります。
また、外壁の塗膜が浮いたり剥がれたりする症状が出ると、外壁塗装の効果がすでに切れている状態を指します。
そのまま放置しておくと、建物に重大な劣化を引き起こす可能性があり、補修の際に高額な費用が必要になることがあるので、早めに外壁塗装をしておきましょう。
 

□まとめ 

 
今回は、外壁塗装の必要性をご紹介しました。
外壁塗装せずに放置しておくと、外壁の耐久性が下がるだけでなく、建物内部にも影響を及ぼします。
塗り替えには適切な時期があり、そのタイミングを押さえることでコスパの良い修理ができるでしょう。
外壁塗装でお困りの際は当社までお気軽にご相談ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.nishida-kenso.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2111

  • ニシダ建装の塗装実績
  • ニシダ建装が選ばれる7つの理由
  • 会社案内
  • たくさん頂いてます お客様の声
  • 現場から生配信! 職人ブログ
  • ニシダ建装のスタッフブログ

簡単10秒 だいたいいくら?見積もりチェッカー

お名前
メール
TEL
- -
坪数
施工箇所
※1つだけ
選択してください
ページ上部へ
ニシダ建装公式LINE@はこちら!
お見積り&現場診断は無料!相見積もりも大歓迎です!
  • フリーダイヤル:0120-042-410 TEL:096-370-5377 年中無休
  • ネットで簡単お見積り 料金見積もりフォーム
  • ご自宅にお届け! 資料のご請求はコチラ
ホームページを見たとお伝え下さい!