ホーム>スタッフブログ>   【塗装について】>外壁の色の選び方>外壁の色の選び方
外壁の色の選び方

外壁の色の選び方

街並みや内装とコーディネイト
上手にメリハリつければモダンに!
 
~色の種類の違い~
色は大きく分けると
「イエローベース」と「ブルーベース」に分かれます。
自然にある土や木、石は黄色を含んだイエローベースです。
コンクリートや建材自体も黄色を含んだものがほとんどです。
街並みに調和する色を選ぶなら黄色に近い色が良いとされています
黄色の対極にあるのが青紫で周囲から目立って際立ちやすくなります。
グレーを混ぜたような色味の弱い青や紫ならさほど際立ちませんが
色味が強い鮮やかな青や紫は目立ちすぎてしまうので注意が必要です。
201986154839.png
 
~色で違和感を感じないためには~
内装と外装のイメージを合わせる事も重要です。
イメージがつながっていないと家が安っぽく見えてしまうので
内装にあった色を選ぶことも重要です。
内装がナチュラルなオーク材のようにナチュラルな色合いなら
外壁はY(黄)系やGY(黄緑)系を、ウォールナット材のように
赤をたっぷり含んだ内装ならYR(橙)系あたりを選べば
中と外のイメージがつながります。
 
色や色使いの特性
小さな家の色選びの注意点は
「明度をあまり下げない」
「コントラストを付けつぎない」がポイントです。
暗い色は収縮して見えます。
コントラストが強すぎても家が小さく見えます。
テクスチャーは統一したほうが無難です。
外壁材を一部分変えるよりもリシン材による吹付けだけで
仕上げた方が品が良く、高級感が出ます。
 
 
~色の錯覚 イメージ通りの色を選ぶ~
色は面積が小さいほど暗く見え、大きいほど明るく見えますので
建物の色のサンプルはできるだけサイズの大きいものを見た方が良いです
その上で「ちょっと暗いかな」くらいの色を選ぶこと。
実際に塗るとぐっと明るく見えるので、結果的にイメージ通りに仕上がります。
色のサンプルを見るときは太陽光で確認することも重要です。
朝、昼、夜で確認することをお勧めします
 
当社ではカラーシュミレーションも行っていますので
屋根と壁の色をパターン別に見て選ぶことが出来ます。
 
周囲の家も含んでご自宅の写真を撮影し
調和させるのか、目立たせるのかイメージを決めることも重要です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.nishida-kenso.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1722

  • ニシダ建装の塗装実績
  • ニシダ建装が選ばれる7つの理由
  • 会社案内
  • たくさん頂いてます お客様の声
  • 現場から生配信! 職人ブログ
  • ニシダ建装のスタッフブログ

簡単10秒 だいたいいくら?見積もりチェッカー

お名前
メール
TEL
- -
坪数
施工箇所
※1つだけ
選択してください
ページ上部へ
ニシダ建装公式LINE@はこちら!
お見積り&現場診断は無料!相見積もりも大歓迎です!
  • フリーダイヤル:0120-042-410 TEL:096-370-5377 年中無休
  • ネットで簡単お見積り 料金見積もりフォーム
  • ご自宅にお届け! 資料のご請求はコチラ
ホームページを見たとお伝え下さい!