ホーム>スタッフブログ>2019年7月

2019年7月

遮熱塗料について

夏は暑さによる熱中症で倒れる方もいます。
室内でも触ってほんのり熱い壁の近くで寝ていると
熱中症になると何年か前のテレビで聞いたことがあります。
日々、空調設備は進化していますが
節電できるなら環境にも財布にも優しいですよね。
 
節電は屋根や壁の塗料で実現できるのです!
 
近年の「遮熱塗料」は近赤外線を反射する事で
太陽光による屋根材の温度上昇を緩和し
室内の温度上昇を防ぎます。
 
エアコンにかかる負担を軽減することで
冷房費の削減が期待できます!
 
 
当社で扱っている塗料は
 
アステックペイント
 スーパーシャネツサーモF(屋根用塗料) ※油性フッ素塗料
 スーパーシャネツサーモSi(屋根用塗料) ※油性シリコン塗料
 超低汚染リファイン500MF-IR(屋根用塗料) ※水性フッ素塗料
 超低汚染リファイン500Si-IR(屋根用塗料) ※水性シリコン塗料
 超低汚染リファイン1000MF-IR(外壁用塗料) 水性フッ素塗料
 超低汚染リファイン1000Si-IR(外壁用塗料) ※水性シリコン塗料
 
日本ペイント
 サーモアイ4F(屋根用塗料) ※油性フッ素塗料
 サーモアイSi(屋根用塗料) ※油性シリコン塗料
 
以上の塗料を中心に取り扱っています。
 
 
201972183433.jpg
2018年8月10日(金) 11:20
最高気温:35.8℃の写真です。
社長が折半屋根(金属製)に素足で立っていますが
屋根材は、ほんのり温かい程度の温度でした。
 
 
以下のリンクから各社の
遮熱塗料ページへ移動しますので
興味を持たれた方は是非参考にされて下さい!
 
 

付帯部について

当社のホームページにて「付帯部」という単語を使っていますが
今回は付帯部について説明いたします。
 
付帯部とは、屋根や壁に該当せず
基礎部分から上の「家に付帯(付属)する部分」の事です。
※塗料が密着し辛いアルミニウムやステンレス、ガラスを除いた部分です。
 以上の理由からアルミサッシなどは塗装範囲外です。
 
付帯部とは主に
庇(ひさし)・・・ドアや窓の雨を受ける部分(金属製の小さな屋根部分)
201971183045.jpg
      庇のケレン(研磨)
 
20197118314.jpg
     庇の下塗り錆止め塗装
 
201971183119.jpg
       庇の上塗り塗装
 
雨樋(軒樋や竪樋)
201971183216.jpg
      軒樋の上塗り塗装
 
201971183232.jpg
      竪樋の上塗り塗装
 
水切り
201971183829.jpg 
     水切りの下塗り塗装
 
201971183857.jpg 
     水切りの上塗り塗装
 
201971183910.jpg
     水切り上塗り塗装完了
 
幕板や破風板
201971183254.jpg
      幕板の上塗り塗装
 
帯板・・・1階と2階を分ける帯状の装飾
201971183318.jpg
      帯板の上塗り塗装
 
201971183332.jpg
      帯板の上塗り完了
 
雨戸や戸袋(雨戸を収納する部分)
201971184958.jpg
    雨戸の上塗り1回目塗装
 
201971185012.jpg
    雨戸の上塗り2回目塗装
 
201971185025.jpg
   雨戸の上塗り2回目塗装完了
 
以上を付帯部としています。
 
これらは屋根や壁と違う色で塗装される事が多く
工事全体では後半の作業として塗装されます。
 
下地処理としてケレン(研磨)作業が必要な事が多く
金属製なら錆び止めの下塗りを、木製なら防腐塗料を使用します。
  • ニシダ建装の塗装実績
  • ニシダ建装が選ばれる7つの理由
  • 会社案内
  • たくさん頂いてます お客様の声
  • 現場から生配信! 職人ブログ
  • ニシダ建装のスタッフブログ

簡単10秒 だいたいいくら?見積もりチェッカー

お名前
メール
TEL
- -
坪数
施工箇所
※1つだけ
選択してください
ページ上部へ
ニシダ建装公式LINE@はこちら!
お見積り&現場診断は無料!相見積もりも大歓迎です!
  • フリーダイヤル:0120-042-410 TEL:096-370-5377 年中無休
  • ネットで簡単お見積り 料金見積もりフォーム
  • ご自宅にお届け! 資料のご請求はコチラ
ホームページを見たとお伝え下さい!