熊本にお住まいの方へ!外壁塗装の必要性について説明します!

「外壁塗装って本当に必要なの」
このように思っている方はいらっしゃいませんか。
外壁塗装は住宅を守るにあたってとても大切な役割を果たしています。
そこで今回は、熊本の業者が外壁塗装の必要性について紹介しましょう。

□外壁塗装の必要性をご紹介!

ここでは、外壁塗装の必要性をご紹介します。

*目に見える劣化がなくても外壁塗装は必要

外壁の剥がれや浮き、雨漏りが発生してなければ外壁塗装は必要ないと思っている方が多いのではないでしょうか。
しかし、実際はそうではありません。
外壁塗装は、目に見えて劣化していなくても必要なのです。
むしろ、雨漏りは末期状態と考えた方が良いでしょう。

そもそも雨漏りは、家の中全体に水が入り込んでしまって、その水が住居スペースに滴り落ちてきています。
そのため、水が落ちてきて不快というよりも、そもそも住居全体に水が入り込んでしまっている恐ろしさを知りましょう。

*外壁塗装の一番の目的は防水

外壁塗装をする理由については、多くの考え方があると思いますが、基本的に最も重要な役割は防水面です。
もちろん、見た目維持のために行うというのも大切な理由ですし、夏の暑さに耐えるための断熱も大切な理由でしょう。
しかし、見た目の美しさ以外の機能面では、すべて防水につながってきます。

では、なぜここまで防水が大切なのでしょうか。
それは、住宅の根本となっている木や鉄筋にとって水は天敵だからです。
水は、木や鉄筋を劣化させてしまいます。

*リフォームをしないのは節約にならない

外壁塗装の工事は、100万円を超える工事になる可能性もあります。
そのため、外壁工事はできるだけしないほうが節約になると思われる方もいるでしょう。
しかし、その考えでリフォームを怠っていると、最終的に大きな支出になるか、大きな損失となってしまうのです。

「人が定期検診に行くのと同じ」と考えると分かりやすいかもしれません。
定期的に検診に行くことで、病気を早期に発見できたり、予防したりした方が、放っておいて後から治療するよりも安く済みますよね。
外壁も、定期的にメンテナンスを行うことで、後から出てきた大きな欠陥や劣化を修理するよりも安く済みます。

確かに、値段だけ聞くと外壁塗装は高く感じるかもしれません。
しかし、メンテナンスを怠ったことによって、後々修理費が莫大にかかってはもったいないですよね。
そのため、メンテナンスをしないイコール節約だと思わずに、定期的に行うようにしましょう。

□外壁塗装を行うタイミングとは?

では、どのタイミングで外壁塗装を行えば良いのでしょうか。
ここからは、外壁塗装のタイミングについてご紹介します。
一般的に、家が建ってから10年から15年で外壁塗装をする必要があると言われています。
しかし、10年経った外壁の多くはすでに劣化が進んでおり、症状が出ている場合が多いでしょう。

そのため、より綺麗に長く住宅を保つためには築7年から10年のうちに外壁塗装を行うのがおすすめです。
また、紫外線を浴びやすい南側と、それに比べて当たりにくい北側では劣化状況が異なります。
築7年から8年程経ったら、外壁の様子を定期的にチェックするようにしましょう。

では、外壁の劣化はどのようにして進行していくのでしょうか。
最初に現れる症状は、艶の低下です。
艶が落ちた後は色が落ちていき、初めよりもくすんだ印象になってくるでしょう。

そして、この状態も過ぎるとチョーキング現象が起こります。
皆さんは、壁を触った時に白い粉が手についた経験はありませんか。
この現象がまさにチョーキング現象です。
これは、塗料の塗膜が劣化し、防水性が低下したサインですので、この現象が出てきたら外壁塗装の検討をすると良いでしょう。

それでも放置すると、苔や藻が発生します。
防水性が低下したことによって外壁が水分を含みやすくなり、発生してしまうのです。

さらに劣化が進めば、ひび割れや塗膜の剥がれ、割れが発生してきます。
ここまでくると、外壁を保護する機能が無いと言っても過言ではありません。
早急に塗装工事を行いましょう。

□外壁をなるべく長持ちさせるためには?

いくらメンテナンスが必要とは言っても、安いものではないのでなるべく回数は少なくしたいですよね。
そこで、なるべく外壁を長持ちさせるための方法について紹介します。

塗料は、種類によって耐久性が異なります。
その分値段も変わりますが、値段に比例して耐久性が高くなるのは事実です。
長持ちさせたい方は、シリコン塗料やラジカル塗料、フッ素塗料が良いでしょう。

シリコン塗料はよく使われている塗料で、コストパフォーマンスのよさが人気の理由です。
ラジカル塗料は、2015年に発売が開始された新しい塗料です。
フッ素塗料よりは少し値段が上がりますが、その分耐久年数も10年から15年と長くなります。
10年以上は持たせたいという方は選んでみてください。

フッ素塗料は、中でも1番高価な塗料です。
値段としては、シリコン塗料の2倍ほどしてしまいます。
しかし、耐久年数は15年から20年と、こちらも2倍近く持ちます。

また、防水性能に加えて汚れにくさも向上しているため、長く綺麗な外観を保ちたいという方におすすめです。
また、塗料の種類を工夫するだけでなく、定期的にメンテナンスをしてもらうのも大切です。
余分な費用がかからないようにするためには、外観の状態を知っておくこともポイントとなります。
そのため、定期的に外壁の診断を専門家にしてもらうようにしましょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装の必要性について紹介しました。
外壁塗装のメンテナンスは怠ってしまいがちですよね。
しかし、行わなければとても大変なことになってしまします。
大切なマイホームを守るためにも、定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。

2021年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

お見積り&現場診断は無料で行います。お気軽にお問い合わせください。

電話番号: 096-370-5377
お問い合わせ
ページ上部へ