ホーム>屋根塗装

屋根塗装

屋根塗装

熊本県熊本市周辺で屋根塗装ならニシダ建装へお任せ下さい。

屋根塗装

屋根塗装の必要性

屋根(下塗り)

屋根は家の中で最も過酷な場所で、外壁よりも早く痛んでしまいます。10~13年もつ耐久性の良いシリコン塗料を塗ったとしても、8~10年しかもたないなど、屋根の劣化は早いのです。

外壁は自分で見ることが出来ても、屋根はなかなか見て確認することが出来ません。外壁の劣化に気付いたときには、屋根はもっと傷んでいる可能性があります。

 

地域密着の会社だからできるご提案

ニシダ建装は、的確な屋根診断で屋根の状況を正確に把握し、最適な屋根塗装でお客様の大切なお住まいを守ります。

私達が営業を行っている主要エリアである熊本県には瓦屋根を使った家も多く、これまで数多くの施工を行ってまいりました。
瓦屋根に関しましても、これまで培ってきた技術や経験を生かし、お客様のご自宅の状況に最も適したプランをご提案いたします。
まずは当社まで、お気軽にお問い合わせください。

屋根の塗り替えのサイン

  • 屋根が白っぽくなっている
  • カビやコケがはえてきた
屋根の塗り替えのサイン
屋根の塗り替えのサイン

セメント瓦屋根が白っぽくなっている、コロニアル屋根にサビがある。
この場合は、屋根の塗り替えが急務です。

ニシダ建装の屋根塗装の工程

屋根の洗浄

屋根の洗浄

屋根に付着した、ほこり、コケ、チョーキングの粉などを綺麗にするため、高圧洗浄機で汚れを落とし、塗料の接着をよくするために行います。

次へ
1回塗り

1回塗り

スレート瓦にはシーラーを塗り、鉄部の部分には錆止め塗料を使います。
異なる素材にそれぞれ適した材料を塗ります。

次へ
2回塗り

2回塗り

中塗り・上塗りは同じ材料を2回塗りします。
十分乾燥時間を取ります。

次へ
3回塗り

3回塗り

熟練された職人の技でじっくり丁寧に仕上げます。
下塗りと中塗りは塗膜の強さを重視し、上塗りでは仕上りを重視します

屋根の種類

屋根の種類にはには大きく分けて、スレート系、金属系、セメント系、粘土系の4種類があります。

スレート系

天然スレート

天然スレート

天然スレートは、粘板岩(ねんばんがん)の玄昌石という石を板状にした屋根材です。高い耐候性、耐久性、断熱性を持っています。しかし、割れやすく、価格が高いので日本ではあまり普及していません。日本では宮城県石巻市雄勝町でしか生産されておらず、ほとんどが海外からの輸入です。

身近な建物で天然スレートが使われているものには、東京駅があります。これは、雄勝町の天然スレートです。

化粧スレート(コロニアル・カラーベスト)

化粧スレート(コロニアル・カラーベスト)

化粧スレートは、住宅の屋根で一番多く使われている屋根材です。化粧スレートという呼び名よりも、カラーベストやコロニアルの方が聞いたことがあるかもしれませんが、実はカラーベストとは商品名で、コロニアルはその中で一番売れている商品名です。

化粧スレートは、セメントに繊維を混ぜて固めたもので、日本瓦に比べて軽量で耐震性が高く、安価で施工しやすいといった特徴があります。また、カラーバリエーションが豊富です。短所は、メンテナンスが必要、割れやすい、劣化による色褪せが目立ちやすいことなどがあります。

金属系

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、日鉄住金鋼板株式会社の製品名で、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%の鋼板です。よく間違いえる方がいますが、金属名ではなく商品名です。ガルバリウムは塗装しなくてもいいという業者もいますが、劣化してくると塗装は必要です。

ガルバリウム鋼板の特徴は、軽量で建物の負担が少ないことから耐震性が高いことと、カラーバリエーションが豊富で、様々なデザインがあり意匠性に優れている点があります。一般的なタイプなら値段が安いのも特徴です。耐久年数は40年前後です。

欠点は、一般的なタイプだと断熱性と防音性が低い点があります。しかし、グレードの高いものになると断熱性と防音性の欠点を克服したタイプもあります。

トタン

トタン

トタン屋根は、屋根自体の継ぎ目が少ないため雨漏りしにく、素材が安く、施工が短いなどがあります。短所は、見た目が安っぽい、耐久性が低い、雨などの音が響く、夏暑く冬寒いなどがあります。

トタン屋根を塗装する頃にはサビが出ているので、ケレンをしてから下塗りにサビ止めを塗り、中上塗りをします。

銅板

銅板

銅板は、サビにくく安価な屋根材です。しばらく雨に当たると表面に緑青(ろくしょう)という化合物ができ、銅の腐食を防ぐ効果や耐久性が高くなります。基本的に銅板屋根は塗装してもすぐに剥がれてくるので塗装はしません。

銅板の特徴は、柔らかいので加工しやすく、軽量で地震に強いという点です。耐久性も高くメンテナンスがいらないと言われて、耐久年数は50~60年です。

折板

折板

断面の構造に重点を置いて開発された屋根材です。工場やカーポート・車庫などの鉄骨の建物に多く使われています。

金属屋根の代表的な屋根工法となっています。材質は主にガルバリウム鋼板やカラーガルバリウム鋼板を使用しています。

まれに、フッ素鋼板や、カラーステンレスを使用した折板屋根がありますがいずれも費用対効果の面から極めて稀なケースです。

セメント系

コンクリート瓦(モニエル瓦)

コンクリート瓦(モニエル瓦)

コンクリート瓦は、厚形スレートと同じ原料ですが、セメント量が少なく、押し出し成形方式で形を作るので、立体感のある洋風住宅向きの屋根材です。

日本瓦と比べると価格は安く、厚さと重量は同じくらいあります。そのため、耐火性に優れ、塗料で着色するのでカラーバリエーションが豊富です。

厚形スレート瓦(プレスセメント瓦)

厚形スレート瓦(プレスセメント瓦)

厚形スレートは、セメント34%と硬質細骨材66%と水で混練しモルタルの瓦です。特徴は、熱に強く、膨張縮小の影響を受けにくく、施工もしやすく表面を塗料で着色するのでカラーバリエーションも豊富です。形状により和形、平形、S形等の種類があります。

定期的なメンテナンスが必要で、怠ると、チョーキング、色あせ、変色、カビやコケが発生します。

粘土系

日本瓦

日本瓦

粘土瓦とは、岩石が風化してできた粘性のある土を瓦の形にして乾燥させ、1,000~1,250℃の高温で焼き上げて作る屋根材です。屋根材の中でも最も耐久性があり、塗装は必要ありません。唯一の弱点は、重量が重いので、耐震性に劣る点です。

形状には、J型、F型、S型があり、さらに製造方法で釉薬瓦(陶器瓦)、いぶし瓦、無釉瓦の3つに大別されています。

最新塗装実績

  • ニシダ建装の塗装実績
  • ニシダ建装が選ばれる7つの理由
  • 会社案内
  • たくさん頂いてます お客様の声
  • 現場から生配信! 職人ブログ
  • ニシダ建装のスタッフブログ

簡単10秒 だいたいいくら?見積もりチェッカー

お名前
メール
TEL
- -
坪数
施工箇所
※1つだけ
選択してください
ページ上部へ
ニシダ建装公式LINE@はこちら!
お見積り&現場診断は無料!相見積もりも大歓迎です!
  • フリーダイヤル:0120-042-410 TEL:096-370-5377 年中無休
  • ネットで簡単お見積り 料金見積もりフォーム
  • ご自宅にお届け! 資料のご請求はコチラ
ホームページを見たとお伝え下さい!