ホーム>塗料の種類と説明

塗料の種類と説明

塗料の種類と説明

水性型塗料と溶剤型塗料のメリットとデメリット

  水性型塗料 溶剤型塗料
メリット
  • 作業性に優れている
  • 残材処理に困らない
  • 臭いが気にならない
耐久性に優れている
デメリット 溶剤に比べて耐久性が劣る
  • 価格が高い
  • 残材処理が困難
  • 臭いがする

水性・溶剤型塗料の耐候性比較グラフ例

※SK化研参照

水性型シリコン樹脂塗料

促進耐候性試験(キセノンランプ)水性型シリコン樹脂塗料

水性型シリコン樹脂塗料

上の図の赤いグラフは水性型シリコン樹脂塗料の耐候性を表すグラフです。1500値では75%まで低下しています。

溶剤型シリコン樹脂塗料

溶剤型シリコン樹脂塗料

上の図は溶剤型シリコン樹脂塗料の耐候性を表すグラフとなり、水性型シリコン樹脂塗料と同じ1500値で比較すると紺色のグラフ溶剤型シリコン樹脂塗料の光沢保持率は95%以上です。水性型シリコン樹脂塗料で当てはめると黄色のグラフのポリウレタンが近くなりますが、溶剤型シリコン樹脂塗料グラフはブルーのグラフとなり、耐候性が2〜3倍異なります。

※仮に水性型塗料でお見積り金額が50万だったとしても溶剤型塗料で4倍の200万円にはなりません。

1液型と2液型

水性・溶剤塗料には1液型と2液型があります。1液型は水やシンナーで希釈するだけで硬化反応し硬化剤の調合が不要な為、作業効率の向上と安価な塗料となるため経済的です。
2液型とは主剤と硬化剤を指定の比率で調合して使用する塗料です。耐久性・機能性・塗膜形成という面では、1液型より2液型の方が優れています。また、主剤と硬化剤を合わせた塗料は硬化するため、翌日には使用できなくなり作業効率低下と残材処分が増えます。

1液型塗料(溶剤) 塗料+シンナー
2液型塗料(溶剤) 塗料+硬化剤+シンナー
1液型と2液型

確かな施工技術があるから個性豊かな塗料を自由に使えます。

塗料の種類

2016215122030.jpg

「塗料=着色顔料(色)+樹脂(ボンド)」

塗料は、基本的にアクリル樹脂・ウレタン樹脂・シリコン樹脂・フッ素樹脂からできており、樹脂は『ボンド』の役割をはたしています。樹脂に顔料等を加えて塗料となり、耐久性の良い順にフッ素・シリコン・ウ レタン・アクリル樹脂となります。

フッ素樹脂塗料

耐久性・機能性に大変優れていますが、デメリットは、塗装工事において普及率が低いため、割高となっております。

シリコン樹脂塗料

戸建・アパートの外壁塗装で一番使用されている塗料です。
フッ素樹脂塗料の次に耐久性が良くバランスの取れた塗料。

ウレタン樹脂塗料

一昔前に普及していた塗料です。
シリコン樹脂塗料に比べて 耐久性は劣りますが、価格とのバランスでは優れた塗料です。

アクリル樹脂塗料

新築塗装や不動産関連の転売目的物件でよく使用されています。
価格は安価で耐久性が低い塗料です。

水性型塗料と溶剤型塗料

塗料には数多くの種類があり、塗料を大きく分けると、水性型塗料溶剤型塗料に分けられます。
水に溶ける塗料を水性型塗料、シンナーで溶け る塗料を溶剤型塗料といいます。マジックなどの、水性インクと油性インクの違いだと覚えておきましよう。

水性型

水性系塗料は、取り扱いがしやすく、作業性に優れています。
また、価格も溶剤系に比べ安く、臭いもしないという利点があります。
欠点は、耐久性、耐候性が溶剤系に比べると悪いという点です。

溶剤型

溶剤系塗料は、耐久性、耐候性に非常に優れており、車や船、家具などの生活で使われているほとんどが溶剤系塗料が使われています。
欠点は、水性系塗料に比べ扱いにくく、作業性が悪い、価格が高い、シンナーの臭いがするといった点です。

塗料の種類

塗料は、水性系塗料、溶剤系塗料と大きく分かれ、それぞれ、樹脂によっても耐久性が大きく変わってきます。
違いを理解し、慎重に選ぶことが大切です。

水性系塗料と溶剤系塗料

水性系塗料と溶剤系塗料

塗料には数多くの種類があり、大きく分けて次の二つに分かれます。
塗料を大きく分けると、水性系塗料溶剤系塗料に分けられます。
簡単に説明しますと、水に溶ける塗料を水性系塗料、シンナーで溶ける塗料を溶剤系塗料といいます。
マジックなどの、水性インクと油性インクの違いだと覚えておきましよう。

水性系塗料

水性系塗料は、取り扱いがしやすく、作業性に優れています。
また、価格も溶剤系に比べ安く、臭いもしないという利点があります。
欠点は、耐久性、耐候性が溶剤系に比べると悪いという点です。

溶剤系塗料

溶剤系塗料は、耐久性、耐候性に非常に優れており、車や船、家具などの生活で使われているほとんどが溶剤系塗料が使われています。
欠点は、水性系塗料に比べ扱いにくく、作業性が悪い、価格が高い、シンナーの臭いがするといった点です。

塗料の種類

塗料は着色顔料 (樹脂) で出来ており、樹脂の種類によって寿命が異なります。

塗料の種類 防水耐用年数 塗り替え年数
水性系 アクリル樹脂塗料 3~5年 5年
水性系 ウレタン樹脂塗料 4~7年 7年
水性系 シリコン樹脂塗料 6~8年 8年
溶剤系 ウレタン樹脂塗料 7~9年 10年
溶剤系 シリコン樹脂塗料 9~12年 12~15年
溶剤系 フッ素樹脂塗料 12~15年 15~20年
溶剤系ハイブリッド樹脂塗料 15~18年 18~22年

※耐久性:アクリル樹脂 < ウレタン樹脂 < シリコン樹脂 < フッ素樹脂<ハイブリッド樹脂

  • ニシダ建装の塗装実績
  • ニシダ建装が選ばれる7つの理由
  • 会社案内
  • たくさん頂いてます お客様の声
  • 現場から生配信! 職人ブログ
  • ニシダ建装のスタッフブログ

簡単10秒 だいたいいくら?見積もりチェッカー

お名前
メール
TEL
- -
坪数
施工箇所
※1つだけ
選択してください
ページ上部へ
ニシダ建装公式LINE@はこちら!
お見積り&現場診断は無料!相見積もりも大歓迎です!
  • フリーダイヤル:0120-042-410 TEL:096-370-5377 年中無休
  • ネットで簡単お見積り 料金見積もりフォーム
  • ご自宅にお届け! 資料のご請求はコチラ
ホームページを見たとお伝え下さい!